- 苦労と努力の違い -

「苦労」という言葉には大なり小なりダメージを受ける少しネガティブなイメージがあり、「努力」は反対に自ら自発的に自分のために大変なことを克服していくようなポジティブなイメージがあるように思います。こんな違いがこの2つの言葉にはある気がします。
子供のうちは「苦労より努力すること」が大切ではないでしょうか?確かに子供には「努力が足りない」と言いそうですが、「あなたは苦労が足りない」とは言わないでしょう。
私は大人にも「あなたは努力が足りないのでは?」と言っても、「苦労が足りないね」とは言わない方が良いと思います。苦労するより努力した方が大人だって良いに決まっています。
このことなら努力したい、頑張りたい!って内から湧いてくる感情が努力だからです。その気持ちは本当に自らが発した気持ちなので、同じ辛いことをしても、その辛さを克服できる強さがあります。努力は能動的、苦労は受け身(!?)2021.7.12 写真を見るには上記タイトル「- 苦労と努力の違い -」をクリックして下さい。
作品1

 

 

 

 

 

 

作品5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

← 戻る