<自分を見つめる-2>

自分を見つめる-1に続き、今回はその2として、「自分は何がしたいの?何が好きなの?一番大切な物は?」と自分に問いかけてみました。やはり、教室に来るだけあって、みんな制作する事が好きなようで、「デザイナーやアニメーターになりたい。何かを作ることが好き!」とかが圧倒的に多かったです。そして、その思いを絵に描いている姿は楽しさに溢れていました。また、「お母さんが一番好き!」と言って、お母さんを描いた子もいて、自画像で人物の描き方を学んだ直後でもあって、それはそれはお母さんそっくりで、お母さんがホント大好きという気持ちがしっかり感じられました。自分って何が好きで、何が嫌いとか改めて考えることも時には、自分を知る良い機会になったかも知れませんね。今回やはり子供たちは絵を描いたり、工作したりが好きなだけあって、デザイナー、イラストレーター、建築家、アニメーターなど何かしらアートに関係することを将来やってみたいと思う子が多かったのにビックリしました。そこで次回はそれらの人達に「なくてはならない感性」について話したいと思います。2021.6.29写真を見るには上記タイトル「自分を見つめる-2」をクリックして下さい。

作品1

 

 

 

 

 

 

 

 

作品2

 

 

 

 

 

作品3

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

← 戻る